<   2004年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2004年 05月 31日

14インチのスタジアムから愛を込めて part.8

a0002820_2424.jpg
日本代表・国際親善試合
(マンチェスター・シティ・スタジアム、VSアイスランド代表)

今回はなんといっても久保です!
右膝痛なんてなんのその。
本人談、
「…(間)、利き足は左なんで大丈夫です。」
恐るべしドラゴン(笑)!

[PR]

by yuuki_takehara | 2004-05-31 02:05 | Soccer
2004年 05月 28日

The Man in the Dunes

a0002820_31958.jpg
男を捉えるもの、
掌からこぼれ落ちていく砂、
それは拭いがたい現実の欠片。
男を捉えるもの、
掌から舞い上がる砂、
それは果てなき夢の結晶。

[PR]

by yuuki_takehara | 2004-05-28 03:21 | Photograph
2004年 05月 27日

14インチのスタジアムから愛を込めて part.7

a0002820_3812.jpg
アテネ五輪代表・強化試合(味の素スタジアム、VSトルコ選抜)

正直侮っていました、トルコ選抜。「きっと、ジャパン・マネー目当てなんじゃないの?なんだよ、選抜って…。」なんて酷いことも思ってました。そして、それは完全な間違いでした。トルコ・リーグが終了して約2週間、来日してから僅か3日という状況で彼らは本当に全力でプレーしてくれました。近年、親善試合というと(特に対日本戦の場合)、「日本なんだし全力でやらないでもいいでしょ。」といった感じでお茶を濁す程度の試合が多かったのですが、今回は観ていてとても清々しい気持ちになれました。トルコの人たちは本当に義理堅い(笑)!

それにしても、日本は終始やられっぱなしでしたね。特に中盤、トルコの早くて激しいプレッシャーにほとんどボールを持てない状況でした。まぁ、ディフェンス面やその他多々問題はあったのですが、今の時期にこれだけ課題を明確にしてくれたトルコ選抜に感謝でしょう!前述の通例としての親善試合なんかだと、「ひょっとすると、メダルも楽勝なんじゃない?」みたいなムードをすぐでっち上げますからね、我が国のマスコミは…。

とにかく、次のマリ戦、そして本戦までにこれらの課題(監督や選手が一番よく分かっていると思うので、敢えて述べませんが)をきっちりと克服してアテネで結果を残して欲しいと思います。
[PR]

by yuuki_takehara | 2004-05-27 03:09 | Soccer
2004年 05月 26日

ハナサクコロニ

a0002820_32015.jpg
昔話のカニみたいに、
悲痛な面持ちで芽が出ることを祈った訳でもなく、
どんなに日照りが続こうが、
水をやることなんて一度もなかった、
それでも花咲く頃には、
あなたを迎えに行こうと思う、
そんな独りよがりの恋心を知ってか知らずか、
緑は弾けんばかりに濃さを増し、
気が付けば辺りはもうすぐ、
ハナサクコロ

[PR]

by yuuki_takehara | 2004-05-26 03:21 | Photograph
2004年 05月 21日

MONGOL800 !

a0002820_01820.jpg
今日、友人の誘いでMONGOL800のライブに行って来ました!
いや〜、ライブ自体2年ぶり位かな、しかもパンク系3ピース・バンドということで、正直なところ「最後まで体力持つんかな、俺…。」と不安だったんですが、そんな不安が吹き飛んでしまうほど、最初から最後まで楽しかったなぁ〜!

彼らの曲を最初に聴いたのは、ちょうど4、5年前、場所は沖縄だったんです。
抜ける様な青空の下、沖縄の友人のカー・ステレオから聴こえてきた心地よいビートとやさしさが滲み出た歌詞は、マサに沖縄の雰囲気そのものでした。
今日、再び聴いてその時の思い出がよみがえりました(^.^)

沖縄また行きたいなぁ〜、良し、行くぞ〜ッ!(笑)
[PR]

by yuuki_takehara | 2004-05-21 00:19 | Music
2004年 05月 20日

a stray camel

a0002820_2726.jpg
迷える駱駝はどこへ行く
昨夜のうちに輝きを失い
この地に降りつもった無数の星屑は
風に蠢く砂丘へと姿を変えた
足下で燻るようなこの熱も
丘の向こうに見え隠れする蜃気楼も
星たちの儚き思い出なのかもしれない
そう呟くと
迷える駱駝はゆっくりと
星たちの運命を辿る

[PR]

by yuuki_takehara | 2004-05-20 02:08 | Photograph
2004年 05月 14日

クセダマ

a0002820_1220.jpg
昔は、
「人生直球勝負だ!」
なんて息巻いてたんだが、
気が付けばベンチウォーマー、
タマに会社で出番があると思えば、
「お前はウチのカクシ球だな」
と、上司に虚仮にされ残務整理という名の敗戦処理、
タマにカミさんと会話があると思えば、
「肝っタマが小さいから出世しないのよ」
と、よりによって娘の結婚式でヤリダマに挙げられる、
分かってるよ、
お前達は、
俺が投げるボールは、
もう通用しないって、
そう言いたいんだろう?
確かに若い頃に比べれば明らかに球速も落ちたし、
底なしだったスタミナの底は、もうソコまで迫っているし、
ましてや漫画みたいな魔球なんてありゃしない、
それでも俺は投げ続けてやる、
ボロボロになろうが投げ続けてやる、
試合終了のその時まで、
タマシイ込めたそいつをよ、
ただひたすら投げ続けてやる、
俺のクセ球はよ、
簡単には打てないぜ!

[PR]

by yuuki_takehara | 2004-05-14 12:03 | Photograph
2004年 05月 10日

ヒトチガイ

a0002820_161958.jpg
民衆から熱狂的な支持を得た革命家は、
5年後には独裁者となり新たな革命で命を落とす
タマシイノキュウサイを説く予言者は、
3年後には詐欺と脱税で起訴されこの世を呪う
あの日君と一生の愛を誓い合った僕は、
8年後には暗い台所で一人カップ麺をすする
5年後の民衆と、3年後の信者と、8年後の君は、
口々にこう呟く
人違いだったのだ、
と。

[PR]

by yuuki_takehara | 2004-05-10 16:21 | Photograph
2004年 05月 08日

Burn the map !

a0002820_183626.jpg
どうせ読み方の分からない地図なんて
燃やしてしまった方が良い
行く先は変わらないのだから
安息と不安が同居する無数の巣箱も
息切れしそうなアスファルトの照り返しも
カラスが群がり無意味な点滅を繰り返す信号機も
俺には不要だ
例え寂しくとも
焼き尽くされた荒野を行く

[PR]

by yuuki_takehara | 2004-05-08 18:37 | Photograph
2004年 05月 06日

G.S.W.

a0002820_171747.jpg
G.W.は福岡でサッカー三昧でした。
久しぶりに集まった友人たちと、全身筋肉痛になる程
ミニ・ゲームに興じた翌日にはアビスパ戦を観る為、
博多の森スタジアムへ!
写真は3-1で勝利した余韻に浸りながらの一枚。
木藤健太、皆さんはその名前を間もなく知ることになるでしょう(笑)。

[PR]

by yuuki_takehara | 2004-05-06 17:18 | Diary