blown in the wind

takehara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Recommendation( 3 )


2004年 03月 16日

No.3 [ざうお]

a0002820_83746.jpg第3回 「ざうお」で魚を釣り上げる

久しぶりのオススメ・コーナーは、先日博多にて友人に連れて行ってもらった「釣り船茶屋ざうお」。

「魚をイケスから釣り上げて料理してくれる店」とだけ聞いていた僕は店に着いて度肝を抜かれることになる。まずイケスの大きさ、一階部分の床面積の8割以上が大量の海水を湛えたイケスになっている。さらに客席、なんとそれは巨大なイケスの上に浮かぶ、これまた巨大な船。そして、大海原さながらにイキイキと泳ぎ回るたくさんの魚たち…。これは、興奮せずにはいられない!しかも、狙いの魚を見事釣り上げられることが出来たなら料金が約3割近く割引になるという、うれしいシステムも!子供から大人まで充分楽しめるエンターティメント「釣り船茶屋」なのである。もちろん釣りをしなくても、お造り・焼き魚はもちろんのこと、豊富でユニークな魚を使った一品料理などがあるので食事や居酒屋感覚でも立ち寄れる。

ちなみに、僕たちは鯛、ヒラメ、鯵、そして伊勢エビも見事釣り上げて大満足の宴となりました!福岡以外にも、関東には横浜・新宿・大宮・所沢などに、この「ざうお」はあるみたいです。皆さんも「ヒトが人に還る港・ざうお」で楽しんでみませんか?
[PR]

by yuuki_takehara | 2004-03-16 21:46 | Recommendation
2004年 02月 09日

No.2 [BOB DYLAN]

a0002820_211252.jpg第2回 ボブ・ディラン

今さらですが、僕のブログタイトル『blown in the wind』は、ボブ・ディランの1963年発表のアルバム「THE FREEWHEELIN' BOB DYLAN」の中の、「BLOWIN' IN THE WIND」から頂きました。ということで、今日のオススメはボブ・ディラン。
僕が最初に彼の曲を耳にしたのは、中学生の頃でした。といってもリアル・タイムと言うわけではもちろんなく、発売から30年以上経過して、CD化されたものだったんですが…。その頃祖父の家にあった母の古いレコード盤を聴いていたのが原因で、ビートルズやレッド・ツェッペリンにはまりつつあった僕は、自分で初めて買った洋楽のアルバムがこの「THE FREEWHEELIN' BOB DYLAN」でした。もちろんその当時ボブ・ディランの事なんか何も知らなかった僕は、思い入れがあって購入に踏み切った訳ではなく、今考えるとほとんどジャケット買いに近かったと思います。母のレコードと同じように古ぼけた感じと、冬の街を肩を組んで歩く若い男女の写真(ディランと当時の恋人スーズ・ロトロ)が僕に「このアルバムは間違いない!」と思わせたみたいです。しかし、初めて聴いた時はあまり良い印象ではなかった気がしますね。というのも、ビートルズ程ポップではなく、レッド・ツェッペリン程ロックではないと思ったから(笑)。今考えるとかなり両極端なものを引き合いに出したものだなと、おかしくなりますが。
それでも、聴き込んでいくうちに、というよりは年齢を重ねる内にだんだんディランの歌詞に共感を覚え、メロディーに哀愁を感じるようになってきて、今ではすっかりディラン・フリークです(笑)!特に1曲目のこの「BLOWIN' IN THE WIND」は哀愁たっぷりなんだけど、聴けば元気になってくるようなそんな素敵な歌ですよ!

このブログも「風に吹かれて」ゆらり、ゆらりとアップしていきますね!
[PR]

by yuuki_takehara | 2004-02-09 21:13 | Recommendation
2004年 02月 09日

No.1 [Vietnamese coffee]

このカテゴリでは、私が皆さんに私的オススメをするコーナーです。
旨いお酒から、心地よい音楽、おもしろ健康法に至るまで、
世の流行とは無関係にこっそりオススメしちゃいます。
さてさて今回のオススメは?
a0002820_43624.jpg

第1回 ベトナムコーヒー

 先日、鳥インフルエンザにも負けず果敢にベトナム旅行に行ってきた知人からベトナムコーヒーセットをお土産に頂きました。エキゾチックなケースの中にはコーヒー豆の他、コンデンスミルク、そしてスチール製の独特なフィルターが入っていました。
 さて、ここでベトナムコーヒーとは何なのか?ご存じの方も多いと思うので簡単に説明すると、バター・ローストしたコーヒー豆を使ったベトナム特産のコーヒーです。その飲み方は写真のようなフィルターでドリップして、しかもコンデンスミルクをたっぷり入れて飲むことが多いようです。そもそも、ベトナムでコーヒー栽培が行われるようになったのはフランスによる植民地政策が行われていた頃からであり、温暖な気候ということもあって、今ではブラジルに次ぐ第2位のコーヒー生産国だとか。

 今もこの文章を書きながらベトナムコーヒーを頂いているんですが、味はというとバターローストした芳醇なコーヒーの香りと共に、ほのかな苦み、それを包み込んでくれるコンデンスミルクの甘みが南国のイメージを彷彿させてくれますよ(笑)。とにかく、旨い!同じベトナムの特産品として以前、タピオカ入りミルクティーがブームとなりましたが、ベトナムコーヒーの方が断然旨いですよ!
 きっとベトナムに行かなくても、豆をはじめフィルターなども日本で手にはいるはずなので、そろそろ普通のコーヒーの味に飽きてきた受験生くんをはじめ、皆さんも是非お試し下さい。
[PR]

by yuuki_takehara | 2004-02-09 04:37 | Recommendation